« 鉢盛(オードブル)の仕掛けはお早めに! | トップページ | 鉢盛(オードブル)の仕掛けはお早めに!(その3) »

2005年7月 3日 (日曜日)

鉢盛(オードブル)の仕掛けはお早めに!(その2)

先ほど、出張より戻りました。ちょいと疲れておりますが、頑張って書きますネ!!1日開きましたが・・・さぁ、今夜もお盆の鉢盛(オードブル)特集、その第2弾で、hatimori02 家計消費支出の項目で言うところの『天ぷら・フライ』を調べてみました。全国の消費支出の月別指数をグラフ化してみると、年間の最大のピークはダントツに12月ですが、次なるピークはやはりお盆に当る8月です。となると、刺身盛合せと同じように、お盆用の仕掛けが必要となるわけです。

hatimori03 そのお盆用の『天ぷら・フライ類』を中心とした鉢盛(オードブル)の仕掛けが是非、必要と思われる地方は右のグラフをご覧の通り・・・8月の指数が非常に高い東北、北陸、九州です。そして更に、東海、中国、四国も仕掛けておきたいところです

hatimori05 『天ぷら・フライ』の年間支出額の多い都市は、刺身盛合せに続き福井市がトップ、続いて新潟、富山と続き、珍しいところではSachimiさんの住む隣街の前橋市も6位初登場です。(笑)

一方、『天ぷら・フライ』の支出が一番低いのは鹿児島市なんだそうだ。うちの実家。。。そうかなぁ~結構、スーパーや仕出し屋さんで鉢盛を頼むけどなぁ~(ーー;) 鹿児島市以外でも、福岡市、佐賀市、熊本市、宮崎市など九州の各都市がワーストの方でランクインしている。エーッ?意外!って感じです。じゃあ、お盆の鉢盛は売れないの?でも、売れてるよねぇ!と疑問がわく。

hatimori04 ここで、九州だけの『天ぷらフライ』の支出指数を右にグラフ化してみた。どうです!ご覧の通り、お盆と年末だけがめっちゃ売れて、他の月はほとんど売れないと言うことがわかります。やはり、データはうそをつきませんね。(笑)年間の消費支出は少なくてもお盆と年末は派手に仕掛ければ売れる証拠です。

hatimori01 左は当社の直営店で昨年、作成したお惣菜の鉢盛(オードブル)のポスター及びパンフレットです。ちなみに、私がワードで手作りした作品です(笑) 当社では・・・

●伝統のお煮〆を中心とした『和風バラエティ』

●お子さんが好きなメニュー中心の『洋風オードブル』

●みんな大好き『中華団欒円卓』

3種類を6000円均一で用意して、更に買上点数アップを狙って『2つで1万円、3つで14000円』とお買い得バンドル特価も設定しました。これにより、予約頂いたお客様の9割近い方が『2つで1万円』を買われました。注意点は田舎になればなるほど、鉢盛の値頃は上昇する法則があります。仕出し屋さんの折込チラシなどもよく研究して売価設定することオススメします。

最後に、昨年お盆の後に、お客様にお聞きした各オードブルの中で一番人気だったメニューをご紹介しますネ! ●和風バラエティでは・・・『餡掛け白玉団子』 ●洋風オードブルでは・・・『揚げたこ焼き』と『チョコ掛け生シュークリーム』 ●中華団欒円卓では・・・大学芋』

おわかり頂けましたか?(笑)事前の調査で一般的な鉢盛(オードブル)に対して・・・『子供の好きなものがあんまり入っていない』『デザート・お菓子類が少ない』と言う不満データに目を向けただけですよ。貴方のちょっとした気配りや工夫でライバル店との差別化になり、又 お客様に大きな感動を与えることにも繋がるのです。

|

« 鉢盛(オードブル)の仕掛けはお早めに! | トップページ | 鉢盛(オードブル)の仕掛けはお早めに!(その3) »

ビジネス」カテゴリの記事

マーケティング」カテゴリの記事

売りの仕掛け」カテゴリの記事

売場作り」カテゴリの記事

家計消費支出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108647/4805179

この記事へのトラックバック一覧です: 鉢盛(オードブル)の仕掛けはお早めに!(その2):

« 鉢盛(オードブル)の仕掛けはお早めに! | トップページ | 鉢盛(オードブル)の仕掛けはお早めに!(その3) »