« 明けましておめでとうございます | トップページ | 1月7日は『七草』です! »

2006年1月 4日 (水曜日)

1月5日は『いちごの日』です!

さぁ、いよいよお仕事始めの方も多いことでしょう。休みってホ~ント、すぐ終わっちゃいますよね。いやいや、このお正月三が日間も一生懸命にお仕事された皆さん、本当にご苦労様でした。

2006010401 さて、1月5日は『いちごの日』です。初商からこの『いちごの日』を仕掛けると、大きな売上を確保することが出来ます。事実、初めて展開したお店でも大評判の企画ですので、是非オススメです。。。

ところが、今一度、今日は何の日?と調べてみてビックリです。私…長年、『1月5日は苺の日』とばかり、思い込んで色んな指導先で徹底的に派手に仕掛けて参りました。ごめんなさい。違うみたいです。。。日本記念日協会によると・・・1月5日は『いちごの日。1月5日の語呂合わせだが、果物のいちご(ストロベリー)ではなく、15歳という世代を表現した「いちご族」を意味するもの。高校受験を間近にして人生の転機のひとつを迎えたこの世代にエールを送る日。』恥ずかしーい! 『苺』の意味ではなく、『受験生応援』が正しかったのです。ゆえに、『1月5日は苺の日』と、漢字で書くと虚偽広告になりますからご注意を!(^^ゞ ちなみに、『苺の日』は1月15日で、『いい苺の日』なんだそうです。(恥)

しかし、ご馳走に食べ飽きたちょうど今の頃、この『苺特集』という企画は必ずヒットします。その証拠に、昨日(1月3日)も4店舗スーパー廻りをしましたが、どこの店舗でも刺身やオードブルよりも、(苺の)ショートケーキ類が品切れ続出でよく売れておりました。

20060104 『1月5日は苺の日』は違いますから(笑)、 『新春いちご祭り』または『1月15日はいい苺の日』と銘打って、大きなお店では青果、和菓子、洋菓子、菓子、パン、洋日配(ゼリー、ヨーグルト)・・・各部門ごとに特設コーナーを作って、いちご絡みの商品を集めて2006010402派手に売り込むことをオススメします。また、 小さなお店では売上の小ささ、スペースの狭さを勘案すると・・・分散陳列しますと、迫力あるボリューム感は出ませんので、青果の一番平台に、果物のいちご、和菓子(いちご大福)、洋菓子(苺ショート)などを一緒に、クロス(集合)陳列で派手に鮮度感良く演出して仕掛けましょう!

しかし、今年はみかんも甘くないし、苺もすごく高いよねぇ~(ーー;) そういえば・・・私のコンバット仲間で、果物専門家のAさんも嘆いておりました。原因は異常に寒すぎるから…だとか。今年は、ブームに乗って作りすぎたバナナとキウイが激安なんだそうですよ。

|

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 1月7日は『七草』です! »

ビジネス」カテゴリの記事

マーケティング」カテゴリの記事

売りの仕掛け」カテゴリの記事

売場作り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108647/7990601

この記事へのトラックバック一覧です: 1月5日は『いちごの日』です!:

« 明けましておめでとうございます | トップページ | 1月7日は『七草』です! »