« 当店の熱烈的ファン | トップページ | リビングボードを壁面収納型へ »

2007年9月 8日 (土曜日)

私のお気に入りのお店♪

Sakoda  私の大好きなお店のひとつに『SAKODA』というお店があります。そう、私が小さい頃からよく利用していた鹿児島の『家具の迫田』です。その鹿児島の家具屋さんが去年福岡へ進出してきたのです。しかも、今までに無いテーマパークのような新しいタイプの家具屋さんなんです。店内は商品群ごと一つ一つのワールドに完全に仕切られていて、まるでディズニーランド、イッツ・ア・スモールワールドって感じです。実にワクワクするお店です。

F1000023_3  店に入るとすぐのところに『店内MAP』『メジャー』『黄色いワッペン』が置いてあります。『店内MAP』は言うまでもないですが、『メジャー』は紙製でお客様が自由に寸法を測るためのサービス品。『ワッペン』は「今日は見に来ただけ。私に接客して来ないで!」という意味で、胸に貼ってれば店員さんの目を気にすることなく、自由に商品を見て廻れるのです。

F1000022_2 店内のあちこちの床には大きな『店内MAP』や『矢印』が描かれています。これもテーマパークと同じように順路通りにお客様に店内を歩いて頂く仕掛けなんですね。

F1000021  カーテンワールド、ライティングワールド、ベッドワールド…各ワールドはすべて素晴らしい生活提案されているので、夢を感じます。(右写真はトイレグッズワールド) そして、インテリアコーディネートの参考、とても勉強になるお店です。

F1000069  今回、店内見て廻って欲しくなったのが、このリビングボードのセット。液晶テレビの両脇に高くそびえる白亜の収納ボックス、テレビの頭上にかかる飾り棚。。。う~ん、とてもオシャレでカッコいい。価格はオールセットで15万~20万円弱ぐらい。うちのテレビは52インチ液晶のサイドスピーカータイプだから一番大きなセットでもギリギリ、当然、その価格も最高の20万円弱。更には、こんなスリムな収納ではうちの家財道具は収まりきれない。。。ってことで、あっさり断念。

20070125_12  右写真はこのブログでも今年1月に( http://pipika.air-nifty.com/blog/2007/01/3_1b9a.html ) 紹介した、自前で3段カラーボックスに青い扉を取り付けた我が家の『手作りリビングボード』です。このリフォームを紹介したページが、最近では『カラーボックスに扉』という検索ワードで非常に多くの方々がいらっしゃっている人気ページになっているのです。皆様、ご覧頂き誠に有難うございます。 ・・・で、今でも私、結構気に入ってる自前リビングボードだったですが、『SAKODA』のカッコいいリビングボードセットを見たお陰で、またまた私のリフォーム心に火が点いてしまいましたよ(~_~;)

 …で、この違いは何? 足りないものは何?
●両脇の高さが不足している為に、TV空間にゆとりが無い。
●ボード左横のデッドスペースを更なる収納スペースにしたい。
●前回はビデオ収納部分には扉を付けなかったが、やはり開口部分すべて扉で閉じるべき。
●サラウンドスピーカーのサブウーファを寝せているが、これはやはり外に立てるべきでしょう。そしてこの開口部分も扉を取り付けたい。

・・・等など、思い立ったらすぐにでもやらなきゃ気が済まない私である。しかし、来週も仕事は詰まっているぞ。さぁ、どうする?!(ーー;)

(注)各写真をクリックして頂くと、拡大してご覧頂けます。

|

« 当店の熱烈的ファン | トップページ | リビングボードを壁面収納型へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 当店の熱烈的ファン | トップページ | リビングボードを壁面収納型へ »