« 北から西から友、来たる | トップページ | エルとビーン »

2008年1月16日 (水曜日)

『丼』のテーマパーク

 こんばんは♪月曜日は朝一の新幹線で大阪に移動して大事なお客様とお仕事の打ち合わせ。、その夜には指導先企業がある某関西の街へ移動。火曜日は指導先の某店舗を売場クリニック。約130枚(正確には129枚)の売場写真を撮って、昼からはその写真をプロジェクターで映し出して、トップ以下全店長、全バイヤー他全部で60名ぐらいの方へ売場改善アドバイス会。そして、今日は全バイヤーの皆さんと『2月度週別売りの仕掛け』の最終チェックでした。

 まぁ、こういったことを毎月繰り返しているのだが、その甲斐もあって売上が凄くいい。昨日でも客数前年比105%に対して売上は109%だったという。いかに、『売りの仕掛け』による客単価(買上点数)が上がっているかということである。

どうしたら、こんなに買上点数が上がってくるのか?

 今日もそのことをこの企業の社長さんと話していたのだが、答えはひとつ…『ちりも積もれば山となる』である。つまり、1箇所で100個売れる商品や売場はなかなかありえない。しかし、100箇所できっちり仕掛けるとたった1個ずつ売れたとしても100個売れたことになる。

 例えば、昨日の売場クリニック129項目最初のツッコミは『レジ前商品の値段が全然わからん!』『レジ前商品の品切れが目立つ!』と言うことから始まった。『なぁ~んだ、そんなレベルの低いことをやっているんだぁ』…と鼻で笑われる方も居られるかもしれないが…はい、その通りです。これが事実です(笑) レジ前…ここは我々が一番こだわっている場所です。何故なら、レジ前は買い物が終わったお客様に、もう1個買って頂けるか、どうか?の最後のチャンスの場所なのだから。

 じゃあ、せっかくこのブログを見てくれた皆様に感謝の意を込めて…ちょっとレベルの高いお話も(笑) Dsc06612 今週、私の指導先の企業では『今夜は我が家でどんぶり亭』という全館統一インプロを仕掛けています。カツ丼、海鮮丼、牛丼、中華丼、天丼、うなぎ丼、麻婆丼、天津丼・・・ありとあらゆるどんぶりを全館全部門で仕掛けています。今日も加工食品のバイヤーさんが言っていたが、『チラシにもうたっていないのに、凄く売れています!』だそうですヽ(^o^)丿

何故、今 どんぶり特集???

 実は昨年の10月、この1月の週別売りの仕掛けを講義した時、このようなマーケティングデータ調査結果を皆さんにお話していた。。。

●年末年始で大量出費して、1月の給料日が待ち遠しい苦しい1週間なのか、消費支出額が低迷している。

●週末のセンター試験など、いよいよ『お受験シーズン』突入に当り、ゲン担ぎの『カツレツ』への消費支出が跳ね上がっている。

●1月17日は『冬の土用』ということもあり、この時ばかりはうなぎの支出も多くなっている。

・・・とんかつに、うなぎ。そして、お金が無いので、経済的メニュー。。。そう!『どんぶり特集』だ!! 結果的にこのインプロ企画にたどり着いたのだった。更に、色々調べていくと

●好きな丼第1位は『カツ丼』だが、家で作って食べる丼第1位は『親子丼』である。何故?! Photo ⇒ 『カツ丼』はとんかつを揚げた上に、更にそれを卵でとじる・・・二度手間。鍋が二つ汚れる。カツ丼用の『丼鍋』が家庭に無い???

だから、とんかつ用の精肉売場の前では、『パン粉』と意外に普及率が低い『丼鍋』を関連販売するようにアドバイス。

●大衆食堂のメニューを見ると、『カツ丼』には3種類ある。いわゆる、『並』『上』『特上』である。

 だから、同じカツ丼を作るでも、少しでも高単価商品を買って頂けるように、外国産の豚で作るカツ丼を『並』、国産で作るのを『上』、黒豚で作るものを『特上』と銘打ち、それぞれ出来上がり一人前の材料代をPOPに書き入れるようにアドバイスした。例えば… 『鹿児島産黒豚を使った『特上カツ丼』でも一人前約247円!』 …あら!家で作ると、『特上』も意外に安く出来るのね!

Dsc06625  鮮魚コーナーでもいつもとはちょっと違う商品作りにチャレンジしてもらっている。『サーモンといくらの2点盛・・・東北名物!はらこ飯セット』、『ご飯に載せるだけで、海鮮丼セット』、『ちょっと贅沢な北海市場丼セット』、『必要な具材だけを必要な量だけセットしました!天丼のネタセット』・・・などなど。

 商品が珍しすぎてお客さまが戸惑うかもしれないけど、いずれにしても、今週のクライアント先のお店は 『丼のテーマパーク』 です。お客様にとって買い物が楽しくなる売場や商品作りが出来上がったと思いますよ(笑) だから最近、人は私のことを 『スーパーマーケット界のスピルバーグ』・・・とは誰も呼ぶワケないってか (~_~;)

【参考】各写真をクリックすれば、画像を拡大してご覧になれます。

|

« 北から西から友、来たる | トップページ | エルとビーン »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

マーケティング」カテゴリの記事

売りの仕掛け」カテゴリの記事

売場作り」カテゴリの記事

家計消費支出」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 北から西から友、来たる | トップページ | エルとビーン »