« 最近の講義ネタより・・・ | トップページ | メーカーさん、問屋さんのトップ向けセミナー »

2008年9月10日 (水曜日)

昨日、9月9日は『重陽の節句』でした

 皆様、こんばんは。只今、10日(水)夕方6時、新幹線の中から更新です。毎日、こんな拙いブログにたくさんのアクセスを頂き、本当にありがとうございます。アクセス頂いた…指導先企業の従業員の方々、各講演会やセミナーで出会った方々、ボディコンバット戦士の皆様、そして通りがかりの方など、多くの皆様方に心より感謝申し上げます。

 今日は月曜日からお邪魔していた指導先企業から今、帰宅する途中です。今回も指導先企業の皆様には大変な心遣いを頂きました。有難うございました。

 今回もとても刺激的な訪問でした。全バイヤーとの10月度の販売計画の最終のツメ、売場改善の仕方勉強会、惣菜プロジェクト、そして新たに始まった鮮魚プロジェクト。この企業にお邪魔してもう1年半以上になりましたが、この間、店長とバイヤーを中心にどんどん改善改革を進められ、売場がどんどん生まれ変わり、業績も急成長してきました。そして今、次なるステージ『従業員総意による売場改善』へジャンプアップを狙っています。従業員皆さんの問題意識や気付き、そしてアイデアで動けたらこれ以上に強いものはありません。それに比べたら、私一人のアイデアなんて『屁』のようなものですから(笑)

 だから、売場クリニック後の『売場改善の仕方勉強会』は今回からコンセプトがこれまでの『幹部の為の勉強会』から『皆による、皆の為の、皆の売場改善勉強会』にちょっと変わりました。勉強会の会場もこれまでは外部の会場だったのですが、皆さんが参加されやすいように店内の従業員食堂に変わりました。当然、ほとんど全従業員の皆さんが参加されましたので、少々狭かったかもしれませんが、すごく良かったと思いますよ。何故なら、勉強会は少し肩を寄せ合うぐらいがいいのです。その方がラグビーのスクラムのように必ず大きな力となると私はそう思ってますから。

Dsc04786  さて、そのお店はこのところ1年ぐらい売上前年比115%伸ばし続けている絶好調、いえ(絶好調と言ったら外的要因ぽいですので)自ら努力改善しての業績上昇店舗です。お伺いしたのはちょうど9月9日。そう!『重陽の節句』でした。この『重陽の節句』…あまり知られていない生活歳時ですが、昔から「栗節句」とも呼ばれ、「菊酒」を飲み、栗ご飯を食べる習慣があるといいます。私がこよなく憧れる戦国武将・前田慶次が加賀百万石の大名・前田利家の正室・おまつから1輪の菊花をプレゼントされたのが確か…「重陽の節句」だったと思うのですが(笑)

Dsc04784  売場では栗や炊込みご飯の素はもちろんのこと、『栗を使ったスィーツ』の特集を大胆に展開しておられました。しかも、衝動買いを誘うレジ前で(笑)いいです!素晴らしいです。この他にも、前日の鮮魚プロジェクトで決まった新しい刺身展開作戦も周辺の若手チーフがこの店に集結して、みんなで考えて、早くも大胆展開していた売場を見た時にはホント感動して鳥肌が立ちましたよ。このように店内至る所で数知れず色んな売りの仕掛けがありました。ホント、お店の全員でよく協力し合ってよく頑張っておられるなぁと感動感銘しました。指導しているコンサル(私)はアホなギャグばっかり言っているのですが、現場はこんなにすごく成長されて…私は皆さんに凄く助けられています。いやぁ、今回もホントいいものを見せてもらいました。。。

|

« 最近の講義ネタより・・・ | トップページ | メーカーさん、問屋さんのトップ向けセミナー »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

マーケティング」カテゴリの記事

売りの仕掛け」カテゴリの記事

売場作り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 最近の講義ネタより・・・ | トップページ | メーカーさん、問屋さんのトップ向けセミナー »