« 賞金獲得額 最高新記録を樹立! | トップページ | お盆戦略から戦術へ »

2009年5月 5日 (火曜日)

下手な鉄砲、数撃ちゃ・・・当たらないと思います

 皆さん、こんばんは。只今、5日(火)午前0時を廻りました。はい、もちろん!ひっきりなしにセミナーテキストの制作中なんですが、なかなか遅遅として進みません。今、考えているのは今年のお盆対策なんですけどね…頭がごちゃごちゃしてワケわからん状態に陥っております((+_+))

 こんな時はどうしたらいいか。。。そうです!またまた気分転換のブログ更新です。だから、今夜のブログも内容が無いよぉ~・・・といきなり、おやじギャグを書いてしまった。ほら、やっぱり、不調である(;_:)

 先日、シャープさんからメールが送られて来た。別に仕事の依頼ではない。液晶TVアクオスの購入者会員だったら、誰にでも送られてくるやつです(笑) メールの内容はこれ・・・

Photo
 シャープのアクオスを置いた部屋の自慢を写真にして送ってほしいという『第4回 我が家のAQUOSフォトコンテスト』のお誘いでした。ちょっと以前からこのブログのご覧になっている方は覚えておられると思いますが、私…前回の第3回コンテストに応募して『目指せ!日本一』とか言っちゃって、このブログにも紹介したんですよ。結果は・・・箸にも棒にもかからなかった…と思います。

 実は、この度、我が家をリフォームするに当たっては、これまでのこのコンテストで入賞された方々の写真を凄く勉強させて頂いたんです。では、歴代の金賞受賞作品をちょっとおさらいしてみましょう。

第1回(2005年度)フォトコンテスト金賞受賞作品
1

第1回(2005年度)フォトコンテスト銀賞受賞作品
1_2

第2回(2006年度)フォトコンテスト金賞受賞作品
Photo_2

第2回(2006年度)フォトコンテスト銀賞受賞作品
Photo_3

第3回(2007年度)フォトコンテスト金賞受賞作品
Photo_4

第3回(2007年度)フォトコンテスト銀賞受賞作品
Photo_5

 このようにして歴代の受賞作品を見ていると、どれも羨ましい限りのお宅ばかりですよね。お部屋全体のトータルコーディネートがいいので、確かに、大きなAQUOSがよく似合っていますよね。…で、私これらの写真から色んなことを学んだのです。インテリアのコツを…

●アクオスは壁掛けの方が大きく見える
●テレビの配線が見えてはいけない
●テーマとする色調を決めて、トータルコーディネートする
●基本カラーはホワイト、ウッド、グリーンが調和しやすい
●シンプル イズ ベスト

 エッ!この時の私の応募写真ですか?・・・今でもシャープさんのサイトにしっかり貼り出されているのですが、改めてご紹介しましょう!これが前回、第3回フォトコンテストに応募した写真です。

Photo

ちょうど100人の応募があったそうですが、私のノミネートナンバーは77番。もうこの番号を見ただけで、勝ったような気がしました。実に大当たり気分でした。しかも、確変15R右打ち2200発です(笑) 結果は、2R通常・・・しーーーん。何も起きませんでした。

 そりゃあ、上の受賞作品を見たら恥ずかしくなる我が家です(笑) でも、コンセプトは良かったと思ったんですがねぇ~・・・『千円の3段カラーボックスをふんだんに使用して、家族全員で協力し合って手作りした壁面収納型テレビボード』。しかし、このコンテストには家族愛とか、ローコストとか、手作りとか・・・不要だったようです(笑) そうです!これはAQUOSが引き立つインテリアコーディネートのコンテストなんです。

 第4回コンテストへの応募ですか? もう出しました!(^^ゞ 私、いつもチャレンジャーですから(笑) こんな写真2枚を付けて送りました。

01
02

入賞ですか? そりゃあ、出す以上、一応は狙っていますが、別に取れなくてもいいんです。まぁ、取れるはずもないですが(笑) 私、このコンテスト参加を通して、リビングのインテリアコーディネートの仕方を凄く知ることが出来ました。だから、こんな機会を頂いたシャープさんには感謝ですね。自分なりに、過去の私には持ち合わせてはいなかった感性のリビングが出来て本当に嬉しく思っています。有難う、アクオス。

それでは、またテキスト作りに復帰します。

|

« 賞金獲得額 最高新記録を樹立! | トップページ | お盆戦略から戦術へ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

住まい・インテリア」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 賞金獲得額 最高新記録を樹立! | トップページ | お盆戦略から戦術へ »