« 藤田屋の大あんまき1本190円 | トップページ | 業績好調の舞台裏に『継続は素敵なエネルギー』 »

2009年10月31日 (土曜日)

その後の私の『帯状疱疹』

X
おはようございます。穏やかな土曜日の朝です(*^_^*)

 今朝は以前かかった「帯状疱疹」その後のお話です。お医者さんからは「これは帯状疱疹ですな。」と言われて、それ用のお薬をずっと飲んでいました。お腹周りの表面のピリピリとした痛みは20日ほど経ってやっと消えました。でも、赤い発疹は出ませんでした。先日、長~い出張から帰宅した時の家族との会話をお聴きください。

(嫁さん) 「あれから帯状疱疹はどぉ? 発疹出たぁ?」
(私)    「やっと痛みは消えたけど、結局、発疹は出なかった」
(嫁さん) 「へぇ~、帯状疱疹かかったのに、発疹が出ない場合もあるんやね。」
(次男坊) 「それは、アンラッキーだったね。」
(私)    「なんでや?」
(次男坊) 「かかったのに、出らんかったんやろ?」
(私)    「そうやぁ」

(次男坊) 「2R確変引いて、2R通常引いたパターンやん」

当然、その直後、家族全員が大爆笑したのは言うまでもありません。会話の中で、すぐそんなギャグが思いつくあたり・・・次男坊もタダものではないな・・・と思った瞬間でした(笑) でも、わからない方には全然面白くもなんともない話でしたね。ごめんなさい<(_ _)>

|

« 藤田屋の大あんまき1本190円 | トップページ | 業績好調の舞台裏に『継続は素敵なエネルギー』 »

心と体」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 藤田屋の大あんまき1本190円 | トップページ | 業績好調の舞台裏に『継続は素敵なエネルギー』 »