« 親子で夏休みクッキング!『クラッカーで手作りピザ』 | トップページ | 日本語を英文字で書くとわかりづらいよね »

2011年7月31日 (日曜日)

TOYOTAのEVと中国産のEV

 皆様、おはようございます。日曜に朝8時半、今朝はマイオフィスからブログ更新です。この週末はまた、来週のセミナーの準備の為に、『オフィス籠り』です…((+_+))

 一方、皆様に置かれましては、お盆商戦突入の日曜日とあって、どのくらい貯金が出来るのか…大変大事な1日となりそうですね。本当にご苦労様です。今日も1日、大変暑くなりそうですので、お身体には十分気を付けて頑張って下さいね。

 さて、今朝は久しぶりに大好きなクルマ話題です。今回は『EV』です。EVと言っても、エレベーターの話じゃないですよ。オイオイ、誰だぁ? 旦那の家庭内暴力とか言っているのは? それは『DV』。 『EV』とはエレクトリック ビークル…電気自動車の略称です。

Colb_05g_2

 上の写真はうちの嫁さんのものと同じ、TOYOTAのIQというクルマです。うちでは『真っ赤なチョロQ』と呼んでいます。面白いもので…このクルマ、1回バックしないと前に走りださないんですよ ・・・チョロQかって?!(-_-)/ピシーッ!

 全長3メートルを切る、軽自動車より小さいクルマですので、2シーターに見えますが、しっかり4人乗りです。でも、正直言って、3人はOKですが、4人となると…運転席の後ろはちょっと…(*_*) しかし、意外にも、車内幅はマークXより1.5cm広く、クラウンアスリートより5mmだけ狭い…という、とってもゆったりなクルマなんです。

 2008年11月6日にはグッドデザイン賞の中でも最も優れた製品に与えられる 『グッドデザイン大賞(内閣総理大臣賞)』 を受賞。更に、それから5日後、11月11日には 『2008-2009日本カー・オブ・ザ・イヤー』 を獲得した…めちゃくちゃ評価の高いクルマです。しかし、街中ではめったに見かけない死に筋商品?(笑) だから、嫁さんはこれにしたんですけどね…(^^ゞ

 ちなみに、近年の日本カーオブザイヤーを受賞したクルマは…

●2006-2007 トヨタ レクサスLS460
●2007-2008 ホンダ フィット
●2008-2009 トヨタ IQ
●2009-2010 トヨタ プリウス
●2010-2011 ホンダ CR-Z

このように並べてみても、IQだけがあまり見掛けない『カーオブザイヤー受賞カー』だと言うのが良く分かる(笑)

Iqev

 これは来年、トヨタが売り出すIQをベースにしたEV。このEVは短距離走行を主体としたシティコミューターEVとして開発され、2次電池には新開発の小型リチウムイオンバッテリーを搭載されています。だから、日産の『リーフ』とはまったく異なるコンセプトで、最大航続距離は約105kmと約半分程度の性能です。

 いやいや、驚いたのは昨日のニュース。中国で新しいEVが発売されました。しかも、ソーラーパワーのEVだという。そのクルマがこちら…

Ev

 なんじゃこら?(*_*) どう見ても、IQじゃないですか?! デザインもさることながら、クルマの大きさを比べてみるも、全長・全幅・全高ともに、ほぼIQと同じ。 どちらかと言うと、IQのカスタムカーのように「ゴツイ」デザインですよね。まぁ、素晴らしい!としか言いようのないお見事なコピーカーです(笑)

 ソーラーカーらしく、天井には太陽電池を搭載していますね。なんでも、これを作ったのは1996年に創業したばかりの太陽電池メーカーなんだそうです。このソーラーEV、最大航続距離は150kmなんだそうで、本家のトヨタよりもよう走るじゃないですか(笑)

 ただ…本家のIQは車体重量が約900kgあるのに対して、このクルマ…350kgしかないって、何で作られているんだろ? 車内はどうなっているんでしょ? 気になるところだぁ~(笑)

|

« 親子で夏休みクッキング!『クラッカーで手作りピザ』 | トップページ | 日本語を英文字で書くとわかりづらいよね »

ちょっと気なる商品」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

ビジネス」カテゴリの記事

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

マーケティング」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 親子で夏休みクッキング!『クラッカーで手作りピザ』 | トップページ | 日本語を英文字で書くとわかりづらいよね »