« 東京・門前仲町の広島お好み焼き専門店 『柳之畔』 | トップページ | 冬至の七種、買い漏れ防止スポッター、シュークリームタワーケーキ・・・みんな、凄ーく頑張ってました »

2011年12月16日 (金曜日)

集英社の至高の名勝負コレクション『燃えろ!新日本プロレス』

 皆様、おはようございます。只今、朝9時半。東京・品川より今日の仕事先に向かう為、新幹線にて移動中です。

 噂に聴くところによると・・・先月末から先週にかけて、ブログの更新に間が開き、非常に少なかったものですから、あちこち色んな方にご心配頂いたようです。申し訳ございません。そして、気を掛けて頂き、本当に有難うございます…<(_ _)>

 また、あちこちで入院説っていうのもあったらしいですよ!マジに。(笑) そんな簡単に倒れはしませんよ。だって私、小学から高校まで一度も学校を休んだことがない12カ年皆勤賞の健康優良児なんですから~(^O^)/

 毎月、月の前半がブログ更新に間が開きやすいと思うのですが、どうもMDセミナーなど大きなセミナーが続くと、その準備に追われて、ブログ書く余裕がなくなってしまうんですよね。そのセミナーのことで頭がいっぱいになってしまうんです。

 この頃は家族とのコミュニケーションも断絶するんです。だから、月始め、私がセミナー準備でオフィスにもこもりだしたら、うちの嫁さん、たまらず大阪に住む長男夫婦の所に避難するんです。今月も、先月も。。。(笑) 家族にも迷惑を掛けて申し訳ないです。

Img_3016

 話は変わって…写真は、先日、某課長様から… 『センセもコレ好きでしょ? 仕事であちこち移動で大変でしょうから、移動中にでもご覧になって楽しんで下さい』 …と、渡されたプロレスのDVDです。嬉しいですねぇ。色んな方から気を掛けて頂き、ホント私って幸せ者です。有難うございます。

 写真の中の試合は…アントニオ猪木Vsハルクホーガン。ファンとしては誰もが知る涙ものの一戦です。時は1983年6月2日。場所は蔵前国技館。猪木が格闘技世界制覇を掲げ、自ら1億円を投じて作ったIWGPチャンピオンベルトを賭けて戦った、第1回 IWGPトーナメント決勝戦です。

 この試合の結末を覚えておられますか? 場外からリングインしようとエプロンに立ちあがった猪木に、すかさずホーガンが自らの必殺技『アックスボンバー』をヒットさせた。猪木はその衝撃で場外に吹っ飛ばされ、床のマットで頭部を痛打。マットと言っても昔、我々が学校時代体育の時に使っていたあの薄ーいマット。マットの下はコンクリート。

 レフリーが場外カウントを取る。20秒で場外アウトで負けとなるが、猪木は20秒どころか、1分経っても、5分経っても、10分経っても立ち上がることはなかった。テレビに倒れた猪木の表情が大きく映し出された。日本中が震撼した瞬間である。

 猪木が舌を出して失神

 世界制覇を掲げての船出したばかりの第1回大会で早くも夢と砕け散った。これが後に語り継がれるようになった『猪木、舌出し失神事件』である。このDVDには、初代タイガーマスクが初めて日本マット界にデビューした時、試合前、観客の間からは失笑さえ聞こえるなかで、ダイナマイトキッドと戦い、その華麗なる技で大観衆を一瞬にして魅了した歴史的な試合など貴重なものばかり4試合入ってます。

Photo

 いいね、コレ。私も欲しくなった(*^_^*)

|

« 東京・門前仲町の広島お好み焼き専門店 『柳之畔』 | トップページ | 冬至の七種、買い漏れ防止スポッター、シュークリームタワーケーキ・・・みんな、凄ーく頑張ってました »

ちょっと気なる商品」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 東京・門前仲町の広島お好み焼き専門店 『柳之畔』 | トップページ | 冬至の七種、買い漏れ防止スポッター、シュークリームタワーケーキ・・・みんな、凄ーく頑張ってました »