« 初めての大試食会を開催したのですが…前編 | トップページ | 初めての大試食会を開催したのですが…後編 »

2012年2月 6日 (月曜日)

これが福岡人の庶民的な豚骨ラーメンの食べ方

Img_2415

 皆様、こんにちは。たった今、マイオフィスのすぐ近くにあるラーメン屋さんでランチして来ました。近所と言っても、結構な人気店で、この時間ともなると、駐車場は満車で近くのパチンコ屋さんに皆さんクルマを停めて、歩いて入店されるほど。

 私が今、食べて来たのがコレ…ラーメンに、半チャン(半分炒飯)と唐揚げ4個が付いた『よくばりセット800円』。

 『これが博多もんのラーメンばいッ!』

 そう、これが私たち、福岡の人間がしょっちゅう食べる『豚骨ラーメン』です。ご覧のように、ラーメン自体は結構シンプルでしょ? これに、私は まず、紅ショウガをたっぷり載せて頂きます。1杯目はほとんどスープは飲まず、麺だけをすすります。 

 麺だけを食べ終わったら、次は『替玉!』です。この替玉のシステムがあるのもここ九州…とは言っても、ほとんど福岡だけですね。(大手ラーメン店チェーンは別として)

 替玉の相場は100円。学生服着てたら半額と言う親切なお店も結構多いですね。いわゆる学割です…(笑)

 そうそう、福岡では、ラーメンをオーダーする時や替玉をオーダーする時に、必ず「麺の硬さは?」と訊かれます。私はカゴンマの出身ですので、どちらかと言うと「やわ麺」が好み。でも、福岡のジゴロは『硬いのがお好き…男も、女も。』 (笑) 店内、あちこちから「カタで!」って聴こえて来ますが、それは「かた麺で!」と言う意味。

 でも、実際、良く聴いていると、 「カタで!」というのより、『ばりカタ!』と言う方が多い ですね。「かた麺」より硬いのが「ばりカタ」ですから、相当硬いのがお好きのようで。しかし、今日、初めて聴きましたよ。。。隣のオッサン… 『ばりばりカタで!』 (*_*)マダ、ウエガアッタノネ しかも、チョー早口で言ってました。それ、どんなんや?って感じです。ほぼ湯通ししたぐらいで、芯ありあり…だと思いますが。

 さぁ、2杯目にはまず、「辛子高菜」をたっぷり入れます。これは高菜を唐辛子で炒めた辛いお漬物って感じ。この辛子高菜の食べ方は、福岡でも二つに分かれます。ラーメンライスの白ご飯にたっぷり載せて食べる方と、ラーメンに直接辛子高菜を入れる方の二通りです。

 私の場合、後者。ラーメンに入れますね。1杯目が紅ショウガ、2杯目が辛子高菜…ですから、コショーはあまり掛けません。でも、2杯目ともなれば、ちょっとスープが薄くなりますよね。そこで、登場するのが『ラーメンだれ』。これを足すことで、1杯目の味に帰って来ます(笑) ちなみに、紅ショウガも、辛子高菜も、ラーメンだれも…すべて、各テーブルに置かれていますので、いわば、入れ放題なんです。このスタイルは、福岡のラーメン屋さんどこ行っても、大体こうなってます。福岡のラーメン屋さんの基本形ですね。

 あぁ~美味しかった。お腹一杯になったところで、またお仕事頑張ります!あ、そうそう、『大試食会のお話の後篇』はこの次の休憩時間に書きますね。

|

« 初めての大試食会を開催したのですが…前編 | トップページ | 初めての大試食会を開催したのですが…後編 »

ちょっと気なる商品」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

マーケティング」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 初めての大試食会を開催したのですが…前編 | トップページ | 初めての大試食会を開催したのですが…後編 »